AGG

欧州に住んでいた時にお世話になった方-当時、ご近所-に10年振りにお会いした
役員となられ、本など出版して活躍されているのに比べ、自分は何というていたらくだろう
昔話にお互いの空白の時間を埋めながら話はとりとめなく続き、あっという間に時間が過ぎていく


例年通りのF4の模擬空対地
余計なミシン音が無くなってシンプルになった
で、近い。。。。ノートリでこれ

Noordzee

近距離で航空機を撮ったのは約1年振りで、全く追えない事に気付いた
来年に向けて真面目に練習しないとマズイ



筑波山をバックに離陸

Noordzee

通常より仰角が大きいけれど騒ぐ程ではない



続く僚機が低い

Noordzee

もちろんノートリ



エンド辺りでどっかーん

Noordzee

老体に鞭打つのはいいが、機体が壊れやしないかとハラハラ
丁度気温があがってきた頃で陽炎メラメラ



AGGはいつも通りアグレッシブ

Noordzee



最初はWest側に逃げていたのが会場側に入ってきた

Noordzee

兎に角、ハミ出るんです



ええ感じで進入してきます

Noordzee



機首が上がったところでカメラを降ろしたら、真上で捻り込み炸裂

Noordzee

慌てて構えるけれど、これでは証拠写真にもなりませぬ



次の突っ込み

Noordzee



追えてません

Noordzee



機首上げが少し早い

Noordzee



機首上げが遅いパターン

Noordzee



離脱が遅いな~と思っていたら、ハイレート

Noordzee

当日の湿度は結構低かったのにベイパーが見られます
気合が伝わってくるようです



+捻り付き
酷使し過ぎじゃないのと心配してしまう

Noordzee

大満足のAGG、納得いかないのは自分の腕

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

No title

やはり東に行けばよかった...。RFも15も低いし会場側に背中を見せてくれるとは大サービスですね。
西のほうはと言いますと対照的に高い高いフライトでした。

Mach Loopで知り合った人からも"you are so lucky to still see the f4 flying"とコメントをもらったことがあります。今後は海外からのファンの聖地になりそうですね。

OKB-51さんへ

ありがとうございます。

今晩は。確かに、のっけから大サービス、他にも機体の消失時間が少ない、演技と演技の間が少ない等、午前中は本当に楽しむ事が出来ました。午後は残念ながら、でしたけど。

ドイツのF4ってもう退役してしまったのでしょうか、今年は例年にも増してEuropeanが多くいらっしゃいました。
Recent Comments
Link
Search