日本橋室町 蔦カレー

Noordzee  その昔々、日本橋に近い事務所に勤務して
  おりました
  職場で飲みに行く機会も多く、翌日は必ずと
  言っていい程このカレー、アルコールが
  残っている時には爆発的に効きました
  当時の事務所から徒歩で10分位掛ったので
  昼食としては結構遠くまで出掛けたものです

  新日本橋駅から三越前方面へ少し戻った
  ところのこの店はその当時から分厚いツタで
  覆われていて、蔦カレーなどと呼ばれてました
  店の名前は今もって不明で、「印度風カリー
  ライス」という看板が掛っていただけだと思う

  写真は2015年4月に撮影されたStreet View

しかし2015年6月のものでは建物が板で覆われているので、もはやこの建物は無くなっているかもしれない



Noordzeeメニューなどなく、相席の席に座ると「イッコー」
などとオーダーが通って左のようなカレーが
運ばれてくる
いつも豚肉とジャガイモがゴロっと主張していた

ニンニクの他、香辛料の匂いが独特で、店に
近付くにつれその匂いが濃くなり、胃がよじれる
ペシャペシャのスープカレーで結構辛く、当時、
ほとんどが男性客だったように記憶している

多分、この店に優に100回は通っていると思う、
その位好きで、時には2食を平らげた
幾度かの転勤、海外赴任を経て欧州から帰任した
時、食べに行こうとして、既に閉店した事を知った

赴任中、口座の書き換えで昔の東京銀行・本店、
当時のBOTMのなんとか支店へ行ったついでに
食したのが最後となってしまった




Noordzee  それでも時折、復活するのではないかと想い出し
  ネットで情報を探したりしていたが失望するだけ
  であった
  そんなことで暫く忘れていたのですが、先週、
  たまたまカレー屋を探していた時に検索すると
  蔦カレー復活とあるではありませんか!

  調べるに店が復活したのではなく銀座のお店
  (有名店)が似たものを提供するというもの、
  しかも通販ONLY
  知らなかったが2年前からやっていたらしい

  ネット上の評価はいろいろだったけれど、
  食べたい一心でとりあえず注文
  レトルトにも関わらず『要冷蔵』の変な商品です
  ひとつ千円と高く、オマケに送料が掛る




Noordzeeそして、ようやく、今日、昼食に用意した
もともとこのお店は昼のみの営業であったので
夕食に食べても雰囲気が出ない

あまり食には拘らない方だが結構ドキドキ
匂いは、、、こんなんだっけ?
一口すする、うん? あれ?
ペシャペシャ感ほぼ踏襲されているが
いまいち辛くない
ニンニクも抑え気味かもしれない

ふた口、み口と進むにつれ旨くなってくる
バクバク食べていると汗がつぅ~っと顎をつたう
これがまた当時を思い出して、いいのである
特に辛さは感じないので香辛料の調合だろう

あっという間に完食、驚いたのはこの後でした
カレーといかニンニクというか匂いが部屋に残る これがあの店の匂いに近く暫く余韻を楽しむ事になった
いつもだと、たまったものではありませんが(苦笑

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search