2年振りの韓国

HNDを飛び立った後、一路西へ
久し振りの韓国 - と言っても3回目なので何という事はない

同僚が観光客があまり行かない処、へ連れて行ってくれた

Noordzee
 
 
 
Noordzee焼肉を焼きながらキムチを焼くのも初めてだったが
鉄板の脇のくぼみは油受けと思いきや、
ブリキのヤカンからとき卵がサーブされた

これには驚いた
出来上がった卵焼きはニンニク入りなので
普通とは言い難いがそれなりに旨い

翌日、ローカルに尋ねると、この店の名物だそうで
そこそこ有名らしいが、ソウル市民が皆、このような
食べ方をしている訳ではないとのこと

このお店、我々以外、皆ローカルの方ばかり
大いに賑わっていた


食事後、周辺をぶらり
どこかの横丁って感じです

Noordzee

夜10時も過ぎて、もう人通りは無く、後片付けに勤しむ方々のみ

Noordzee  本場のユッケジャンを食べてみたい
  と、常々思いながら今まで機会が無かった

  翌日の昼食、何か食べたい物がありますか?
  と聞かれ、即答
  並々ならぬ迫力があったらしく、わざわざ予約まで
  取ってくれた

  アルマイト?の食器で出てきた普通の料理
  これが旨い
  何が違うのか?と聞かれると困るが旨い
  汗をかきながら食べていると、皆さん、この位の
  熱さと辛さは普通のようで自分が一番最後

  店の壁にはサインの色紙が所狭しと貼ってある

  胃袋は大変満足な弾丸でした

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search