SUPER MEW

Noordzee梅雨入りのアナウンスがあったとたん、雨続き
低気圧がダブルで停滞し、昨日から結構な雨量です

昨年、買ったBismのフィンが気に入らず、
一回の使用でお蔵入り決定

何にするか多いに迷った結果、ベタにGULLの
SUPER MEWに決定
友人達の所有率が高いので新色を選択

箱を開けたら何故か鰹節の匂いがした


何十年もやっていて初めてのフルフット
靴ズレが恐怖ですが、SUPER MEW-XXではBismと
同じ結果になりかねないし、他に欲しいのが無い

これでダメならMaresかCressiのプラに戻る予定
 
 
 
Noordzee  BismのFF-FLEXはGULLのSUPER MEW-XXの
  OEMみたいな物なので、それなりに期待をして
  いたのですが、何せ小さい
  成人男には小さ過ぎる
  ストラップで保持していても、つま先でフィンを
  サンダルのように引っ掛けている感じが強く、
  どうもイマイチ

  黒は他の色より硬いらしいのとフィンの面に
  補強のように肉盛りがしてあるのでそこそこかなと
  思っていたらとんでもない
  名前の通り柔らかい

  立ててみるとぐにゃっとなり、並べたSUPER MEW
  の方が縦方向には硬いことがわかる

  硬けりゃいいってものでもありませんが



Noordzeeフィンの横方向を比べてみるとSUPER MEWの方が
断然柔らかい

FF-FLEXは肉盛りをする事でプラフィンのような
味付けになっていると思われる

方やSUPER MEWは硬いキール(フィンの縁)で
縦方向の変形を抑え、横方向でしなることで
水を逃がさずに蹴るような感じでしょうか

スキー板と同じで縦横の硬さやしなり加減は
個人の好みなので解は無く、消費者はそれに
巡り合うまで買い替えを続けなければなりませぬ




Noordzee  ポイントと思われるキール部分の違い

  下のSUPER MEWの方が面積が大きく、かつ高い
  デザイン的には大きく変わらず

  硬さの違いは触った感じではわかりません
  大きさで硬さを作っているのではいかと思います




Noordzee足を入れるポケットの形状が異なるので一概な
比較は出来ませんが、裏面を見るとキールの
形状が全く異なることがわかります

蹴りあげる時も雨樋のように水を貯めるイメージ
なのかもしれませんな

兎に角、使ってみなければわかりません
が、実投入の予定は暫く先


改めて買う前に、現物を確認すべきだったと反省

靴なんか足入れてみなきゃわからない
色や価格が気にくわなければ試した後に
通販で買えばいいのである

当たり前過ぎて.....


コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search