正圧化の検討

懲りずにPCネタ
CM690Ⅲは標準装備全面の吸気Fanは20cm、110CFMという大容量に対し、
背面の排気Fanは12cm、90CFM程度なのでUserの好みで組めるようにバランスを取って設計されたと思われる
CM690Ⅲは吸気Fanがある全面、電源の吸気がある下面、上部には防塵フィルターを標準装備しており、
フィルターによる減衰を考慮しても全面から90CFM程度の空気が送り込まれていることになる

Noordzee自分はいい加減な方なので、正圧でも負圧でも
普通に冷えれば正直どちらでも構わない



CPUのFan ZALMAN CNPS9900を見た途端、
焦りました

思ったより放熱Finが細かく構造が複雑で
Finを平たくすると74cm2に相当するため
掃除するのが大変そう

実際に使用開始後、1週間も経っていないのに
これだけ埃がついている

滅多にパネルを開けないアマノジャクなので
無塵とは言わないまでも可能な限り埃の侵入を
阻止したい=極力、掃除したくない
 
 
 
PCを組み上げた時、全面からの吸気はドライブベイに当たるのでエアフローは負圧気味なのかと思ったけれど
CPUのFanはサイドフロー、これが思惑通り空気を掻き回してくれていて、
排気Fanは元より何も付けていない上面パネルから僅かながら温風を吐き出している

ということはグラボのファンもあるから、背面の拡張スロットのブラケットに設けられている多くの穴からも
僅かであっても排気されているという予想だった

しかし、グラボの近くの背面、側面の穴から少し空気を吸っているので調べてみるとグラボのFanが吸っていた

Noordzee  PCの背面は結構ホコリの溜まる場所なので
  背面からの吸気はしたくない

  当初の予定では側面の穴はフィルターで
  覆う予定であったから、実行すると
  背面からの吸気量は更に増えたのではと
  予想される

  背面の全てのブラケット穴をフィルターで
  塞ぐのはデコボコがあって面倒だし、
  フローそのものが悪くなっては本末転倒

  いろいろ考えた末に、正圧気味にすべく
  側面にFanを増設することにした

  Fan程度なら溜まっていたポイントでタダ、
  懐は痛まない




Noordzee位置合わせが面倒なのでCM純正と決め、
MegaFlowの20cm、110CFMをChoice

側面に設置なのとイルミに価値を感じないので
ノーマルのLED無しで十分だったのですが、
店に在庫が無く、少々高いLED付となった

BEERを飲みながらサクっと取り付け

電源入れると、う~ん、派手です.......

前面Fanと交換出来るけれど意味不明な色だけに
ウルサイのは好みではないし、人に見せる訳では
ないので前面は地味な方がいい




Noordzee  Fanを増設した側面の穴に百均で買った、
  換気扇用フィルターを養生テープで貼り付け

  適当な処置だけれど左側面はTVのキャビネットと
  向かい合う側なので見た目など、どうでもいい

  背面のブラケットの穴からは電源から放出される
  風量に及ばないながらも結構な風を排気している
  事を確認出来た

  上面パネルからの排気はFan増設前より少し強く
  なったかな?程度


  温度変化は確認していませんが音はacceptable




Noordzee上面パネルを外すと賑やかになりました

背の高いCNPS9900とのクリアランスも十分

取り付けの際、Fanの筐体が華奢なのと
ネジ山が切ってないため、そのままつけようと
すると結構硬い
無理するとパリっとなりそうです

一度ネジを切ってから取り付けるとスムースでしょう

ちまちまとイジるのは楽しいですね


掃除のプレッシャーから少し解放されました

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

No title

楽をするための努力は厭わない、ですね(笑)

けたんさんへ

ありがとうございます。

そ、そうですね~
PCの筐体内の掃除って結構気を遣いますから。要はしたくないっちゅー事です笑
Recent Comments
Link
Search