久し振りのヒコーキ

早めに到着したのでデッキへ出るとそれなりの機材を持った方が数人
珍しいなぁと思っていたらCIのSP塗装のA330-300

Noordzee

調子が悪いのかエンジンを掛けたり止めたり
 
 
 
来年度の増便に合わせたターミナルの増築も大方出来てきた

Noordzee



暇していると-400Dが降りてきた
しかしコンデジで動く被写体はなかなか難しくこれで精一杯

Noordzee

B4はいい
JLはA350に決めたし、NHは-8入れてくれないかな



何気なく目にとまったB6の屋根にある突起
こんなのあったっけと考えてみたけど思い当たらず

Noordzee

30分程デッキで眺めた後でBEERを補給しにラウンジへ

Boardingしていつもの- Aisle -に座っていると自分より年配であろう上品なご婦人が横で立ち止まる
「窓側なんですけど」と仰るその手にはお土産物が詰まった大きなバックと何故か5合炊き位の大きな炊飯器、
身の回り用のバックをお持ちである
こんなに持ち込んでもいいんだっけ?と思いながら立ち上がったついでにOHBへ押し込むお手伝いをする
「お手伝い出来ずにすみません」と謝りに来たCAと親しげに話されているのでVIPなんだなと思っていた

Spot Outして通り掛かったCAにRWを訪ねると「05です」
「え~」と答えたこのCAとのやり取りに横のご婦人が「どうしてですか?」と反応
「南側に新しく出来たRWで遠いんですよ」と説明すると「そうなんですか」とここまではいい
突然、「キャプテンでらっしゃいますか」と有り得ない質問が彼女の口を突いて出てきた
ヒコーキは好きだけどキャプテンですかなどと問われたのは初めてなのでこちらが焦る
航空関係者では無い旨を説明したところで別の疑問がはたと湧き起こった

普通の人はキャプテンなんて単語を使わない、せいぜいパイロット、程度ではないか?

恐縮しながら航空業界の方ですかと尋ねると、笑いながら「もう退職しましたけど」と返事が返ってきた
何と搭乗した会社の元CAさんで教官もされていたらしい
どうりで脇を通るCA達が100%皆会釈するわけだ
RW05は今回初めてだったらしくTaxingの長さに閉口されていた

相手の素性がわかると今度はこちらから質問攻め
いろいろと興味深い話を伺った
Turbulenceで何回となく天井に頭をぶつけたそうだ
たまたま傍にいたCAが「私、3回あります」と言うのでこちらが目を丸くしていると、以前頭が天井を突き抜けて
宙ぶらりんになったCAもいたことを話してくれた
そんなにひどいTurbulenceに遭遇したことがないのでイメージがよくわからない

719の話から始まってお世話になった今は無き411/412の話、411から撮ったオーロラを見て戴くなど盛り上がる
ラウンジで3杯も飲んだのに元教官にBEERのお代りを勧められ、CAが速攻で持ってくる
OBの威力は凄い
まるで体育会系?
結局、たった3時間程のFLTで5杯も飲んでしまった

到着してOHBから彼女の荷物を取出し、大きな炊飯器を降機したところで渡した
話を伺ったお礼とFLT中ずっとしゃべりっぱなしだったので話過ぎてしまった事を詫び、
目を細めながら「今日、おばあちゃんになっちゃったんですよ」と言っていた彼女を祝福して空港をあとにした

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search