Raja Ampat その5

昨日とは打って変わって晴天の今朝、しかしクルマはカチカチに凍っていた
同僚に言わせると昨夜のうちに雪を下すべきだと....
その通りなんですが、Super bowlに夢中になって戸外の事なんぞ忘れてました
朝、お湯を掛けてもなかなか解けない氷に手こずりました


何か文句ある?

trans
 
 
 
trans  にゅるっと入ってきたトランペット

  大きく見せるようなものではないのでこのサイズ

  しかし、今になって改めて見ると、綺麗な紋様をしていて
  なかなかお目に掛かれない個体かも


  手持ちの図鑑には載っていないし



  珍しいのかな~



  インドネシア、ましてやこの海域には詳しくは無いので
  万事がこんな感じ


  一緒だったBahasa Indonesiaが流暢な女史曰く、
  インドネシアの中でも凄い所だそうな

  ちなみに過去9回 Maldivesへ行ったけれど海は完敗




1本目をExtしたところでボートマンが何やら格闘中
流れていた藻やロープが絡みついたのかと思ったら、何かをバケツへポイっ

何気に覗くと、Flogじゃありませんか

trans

小さな個体ですが真っ黒


transFlogの他にもカニ、エビ

カニは見ためワタリガニの仲間のようだが
初めて見る色

エビも同じ

Flogは大小合わせて4匹


このボートマンはガイドの経験もあって
漂流中の藻を見て、もしやと思って
船に引き揚げてみたらしい



trans  一番大きかったFlog

  バケツの底でじっとするか、藻に絡みつくかの
  いずれかでしじゅう大人しかった

  海の中でもじっとしてますからね



2番目に大きなこのFlogは結構活発でバケツからの脱出を何度か図る
Flogでも普通に泳ぐんだなと実感

trans



transカニさん小

同じ種類で大もいたが
ちょろちょろ動き過ぎで撮れず


大小ともに喧嘩っ早く攻撃心旺盛
Flogがいい迷惑




あまり長く置くと可哀そうなので
水温が高くなる前にさっさとリリース




クマノミも多くの種類を見ることが出来る
このアネモネはいつ見ても気持ち悪い

trans



昼食後の休憩中、足元に変なモノを発見
Gekkoが干からびていた

trans

干からびていてもその眼力は鋭かった



3本目、ここも珊瑚の美しい場所であった

trans



ここでもバラはバラバラとまとまりなく

trans



珍しくはないものの、この群れ群れ感、こういうのが大好きなのだから仕方ない

trans



PygmyをはじめSeahorseも沢山いるらしい

trans



ハナダイ系にはやっぱり惹かれます

trans



またテンジクの群れ

trans

動きを表現するって難しい



キンギョは盛大に群れてはいなかったものの手頃なスクールがあちこちに

trans



いったん戻って今晩の作戦会議
ナイトを希望したが圧倒的多数でサンセットに決定
一昨日のリバンジを果たすべく短いインターバルでレンズ交換

ここまで一緒のパーティだった方達もSoridoまでお買い物ということで一緒にボートへ

trans



ここには一体何匹いるんだ!?
しかもJettyのすぐ下ですよ

trans


trans  夜のダイビングを終えて
  上がってくるとJettyのたもとに
  お湯が入ったタライが用意される

  お湯といっても純水ではなく塩分が
  混じったものであるが、何しろ「暖かい」
  というのが有難い

  いくら熱帯とはいえ、いつもは水しかないので
  海から上がった後に浴びるのは少し度胸がいる


  お湯を浴びた後のBEERは旨い
  久し振りにマクロを堪能した夜であった

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search