Cabin Announcement

このところ飛行機に乗る機会が多い
搭乗すると必ず否応なしに耳にする「当機は最終着陸態勢に入りました。・・・・」
これがどうも気になる

trans
 
 
 
アナウンスのタイミングは気象条件で違うであろうし、Cockpitからの指示のタイミングも違うであろう
話す内容は各航空会社のマニュアルで定められているだろうからCAが悪い訳ではない

一番多いパターンはFL200かそれより高いALT、まだdescentを開始してすぐ位の時に聞こえてくる

ここでいつも疑問に思うのは「最終」という言葉
日系は英語のアナウンスでも同様に「Final Approch」という単語を使う事が多い
たまに、日系でも何故かわからないけれど英語だけ「descending for landing.....」というのも聞くが
こちらは納得出来る

個人的に、いわゆる最終進入は概ね2000ft位からのことを指すと思っているので、
何回聞いても日本語・英語共に、この「最終」という日系のキャビンアナウンスは大袈裟だと思う

大体に於いて、日系のエアラインはアナウンスが多過ぎる
要はうるさい
これも安全ボケしている日本人の為なのかもしれないけれど、欧米なんか静かなもんです
ギアダウンしてからアナウンスがあることだってある(これは遅すぎ)


先日、青系でTODからブレーキ引きっぱなしで降ろしている間に何も案内はなく
5~6000ft位だと思う、フラップス1位のタイミングでアナウンスが入った
エアブレーキは揺れるとまではいかないけど振動を伴うので嫌いな人もいるが
最終着陸態勢という言葉を使うのなら、このタイミングでの方がまだしっくりする


もっともこのアナウンスは乗客をトイレに立たせないようにする意味もあると思うので、
あまりギリだと着陸までに出てこない(出てこれない?)乗客もいるのでしょう

高い高度から下ろす時なら、日本語も英語と同じように
「着陸のために高度を下げております。揺れる可能性がありますので・・・」とかにして欲しい
余計なお節介は重々承知の上、聞くとやっぱり気になってしまうから

FL100以下は速度制限があるので気流の影響を受けやすいのも確かだと思う
でも、どうせベルトサインのチャイムが鳴った後に、もう一度アナウンスをするのだから、
文言を変えてみては如何だろうか

「当機は間もなく着陸致します・・・」これぞ最終の着陸態勢だと思うんですがね

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

No title

機内のオーディオ番組でコクピットの実況やって欲しいです。
副操縦士が読み上げる「V1,ローテイション,V2」とか、無線交信聞けたら楽しいでしょうねぇ。

あ、離着陸時はヘドホン禁止でしたっけ。

けたんさんへ

ありがとうございます。

面白いですね~
でもこれじゃあPさん、落ち着けないでしょうからダメですね(笑
無線は聞きたいと思うけれどルールがあるので自粛してます。
ヘッドホン、通電していなければいいと思いますが、どうなんでしょう。
今度、聞いておきます。
Recent Comments
Link
Search