B6-300

trans先週大騒ぎをして興奮冷めやらぬのに
また機上の人となった
懲りないオジサンですな

飛行機は好きだし、乗るのも好きなので
それ自体はいいのだけれど、目的は仕事


今回、往復ともB6-300のワイングレット付
内装やシートTVも更新されている
ところが離陸して間もなくCallの連打

先々週と全く同じようにTVの不具合だそうで
リブート

CAさん曰く、いつもなんでよーと諦め顔
彼女達も大変だわ
 
 
 
trans  B6のOHBは狭いというイメージがある

  B6によく乗っていたのはかれこれ15年程前
  その頃の印象が残っていて
  あまり好きではない機材のひとつでした

  それがこの2ヶ月で6回も乗ってしまった
  機材でスケジュールは決められません

  改装を施された後のCabinのそれは
  B7とほぼ同様のもので
  以前程、気を遣わずにCabin Trolleyが
  縦にボンと入る

  シートは欧米線のひとつ前の型に近い

  ただしCabinの中、全てがリニューアル
  されている訳ではないそうだ




trans搭乗前にinsightしたTaxing中のB6モヒカン仕様
このshipも-300だと思われるが中はわからない

エンジンから少し古いshipかも



移動手段として実際に乗る場合は
外観などはどうでもよく、内は新しい方がいい

1~2時間のFLTならなんでもいいですが
それでもLavatoryがボロっちいとがっかりする

もっともそれを清掃するCAさん達は
更に大変なんでしょうけど



コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search