100-400

何故このレンズを持っているのだろう? と、考えると、導入した「きっかけ」は航空機目的ではなかった

trans
 既に70-200F4IS、x1.4Ⅱは持っており
 その時住んでいた場所の近くの空港は
 RWの近くまで行ける撮影ポイントが
 数箇所あり、何れもテレコン無しの
 70-200で十分満足していた 98mm →


 まだエアショーを知る前のこと

 少し前になるが
 北京オリンピックの前の年

 当時、たまたまホッケーのオリンピックの
 日本代表選手が現地で修行しているから、
 と、知人に誘われGAMEを見に行くことに

trans フィールドホッケー

 名称は知っていても、
 ルールそのほか完全に無知であった
 とりあえず30D+70-200F4x1.4を持参

 スポーツは嫌いではないが
 それまで撮影したことも無く
 この時が初めてである

 しかも世界の一流選手がゾロゾロいたらしい

 最初は観客席から見ていたが遠いので、
 フィールド脇まで行き撮ってみる
 不規則に動くので難しい~~~

 ← 立派な設備です!!

trans 何度か通っているうちに不満が出てきた

 ゴール前であれば問題無いが(280mm→)
 フィールドは結構広く、
 センター辺りだとx1.4入っていても遠い


 プロの方は同じような場所から
 1D3+70-200F2.8x1.4である
 聞くとズームの方が便利だし、
 センターより向こうは撮らない、とキッパリ@@;

 頻繁にズーミングを繰り返す経験も無かったので
 左手が捻られた状態(笑)が続くことも多々

 写真を提供したりするうちに
 トリミングを必要としないレンズ
 =長玉が欲しくなってしまった

 単焦点は財布に厳しいし、
 300だと200x1.4と画角が大きく変わらない

 この時、400F5.6Lが「IS付」だったら、
 そちらへ逝っていたかもしれないが・・・・

 加えて、遠近に対応出来る機動性が欲しかったので、悩んだ末にズームの100-400とした
 webなどをいろいろ調べると、あちこちに開放が甘いと記述がある(笑

trans しかし、そんなコトは何処吹く風、である

 一度「物欲」が生じるとなかなか引っ込まない(爆
 テレ端400mm、F5.6、「IS付」の魔力は
 日に日に固定観念と化し、いろいろと自分に都合のいい、
 「言い訳」がアタマを支配するようになった

 結局、100-400をお買上♪

 で、便利なんです♪ 直進ズーム!
 ISも思った程悪くないし!(^^)!

 テレ端の模写は、、評判通り、甘ーい(>_<)
 暗くなると迷いが増え、絞り解放も難しい

 ただ、この3点に気をつければいい訳であって
 何だかんだと言ってもLレンズ
 ← 「少し」引くといい写りをする

 長い分、撮影のスキルも必要とするんですな
 現在もこのレンズで、テレ端修行中
 でもリニューアルされたら逝っちゃうだろーなー(汗

  PS この選手は今も現地で活躍中らしい
    ガンバレ(@^^)/~~~

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search