新製品ぞくぞく

新製品がドンと出たので気になったモノについて個人的な感想を

trans
まずはC社の24-70/f2.8
かなり以前から噂があったものの暫く水面下の話だけで、
やっと発表されたという感じ
予想通りIS無し
C社の大口径はフィルターサイズが82mmになりつつありますね

日本円の価格は24万位と現行とほぼ同等ですが
USは$2300♪
欲しい人は個人輸入ですな

MTFを見るとかなりシャープそうですし、
145gも軽量化されているのは魅力ですが触手は動かず
必要か?と問われると、今のところは無くてもいい
 
 
 
trans
  次もC社の24/f2.8 IS

  現行を持っており愛用してます
  手持ちの並単の中では一番持ち出す機会が多い

  ISの是非は別として、USMは有難い

  しかし、、、¥84,000!? 高過ぎ

  少し出回って、素人でも画質向上が期待出来るようなら考えましょう


trans
S社の500mm F4

筺体は328同様、C社のものと酷似しています
私の持っているゴーヨンと比べて約400g軽い
軽いのはいいことです


受注生産らしいですが131万円はないでしょう?


trans
  N社のD800

  光学ローパスフィルターを殺したD800Eと普通のD800
  どれ程違うのかよくわからないけれど、ほとんど無縁の世界

  商売している方は別として有効36Mは、PCにも大きな負担となりそう
  NRやAFなど刷新してきて5DⅢがどう迎え撃つか?

  機能の進化とは別にこちらも旧型D700と比べると95g(10%)軽量化
  そりゃレンズ同様、軽い方が負担は少ないですからねぇ


trans
C社のコンデジG1X

コンデジでは久し振りに目に留まったモデル
この不細工さが何ともいい
機能と使い易さ(?)を両立するとこんな形になるのでしょうか

ポケットには少々大きいですが
一眼を取り出すのに躊躇する場面ではよさそう
センサーも1.5型とマイクロフォーサーズと面積ほぼ変わらず
ただ7万5千円は高いなぁ…..


trans
  最後はオリのOM-D
  OM-1世代としては興味を引く命名

  デザインは好き嫌いが分かれそうですけど私的にはOK
  ペンタ部分の頭をよくぞ残した!と褒めたい
  この小ささで驚くことに防塵防滴

  ISO25600やAF他、新機能を余すところなく組み入れたてんこ盛り
  ただしAF追従だと連写は3.5枚
  それでも基本スペックかなり美味しそう


trans
驚いたのは手振れ補正
なんと5軸だそうです
こんなこと出来るんですね

レンズ内手振れ補正を超える威力を発揮しそうです

買う買わないは別として一体どんなものか、試したい


trans
  けしからぬことに、こんなものも発表された
  40m防水ケース

  エジプトで不注意でC7070を水没させてしまってから
  当然2台体制が組めず、レンズを換えるのに不便を感じております

  基本的にオリの発色は好きなのでちょっと考えてしまいます

  早く7DⅡが出てくれないと余計な(?)モノを買ってしまいそうでコワイ


2台体制だと荷物がガンと増えるので機内持込が大変になるのですが、後は楽・・・・
危険だ

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search