フライトフェスタ2011 ハリスの部

フライトフェスタ2011の続きです


オオタカの競技に続き、ハリスホーク他によるタイムトライアル

鳥と人間がペアになってスタートし、4箇所のチェックポイントをまわってタイムを競う、というもの

人間はルートに従って走ればいいとして、鳥を各ポイントまで誘導しなければなりません
この時ばかりは、「走れ~」「呼べ~」などと外野から愛のゲキ(笑)が飛ぶ

コースの距離は200m位はあったでしょうか

出場者の方からぜいぜい、はぁはぁと聞こえてくる

trans

昨年のチャンピオン
今年は5秒差で惜しくも2位でした
パフォーマンスは良く、十分、来年の返り咲きを狙えると思います

trans


このTTは見ていて大変面白い
写真撮るより傍観している方がずっと面白いのではないでしょうか
当日は天気も良く、暖かく、ビール飲みながらボケボケ眺めるにはサイコーだったかもしれません(笑
クルマの運転が無ければ100%飲んでました(爆

会場を沸かせた、この子は途中リタイア

trans


幼鳥の羽がかわいい
来年はどんな飛びを見せるのだろうか?

trans


運動していても普段、なかなか「ダッシュ」する機会はないでしょうから出場者も大変です
鳥の方も普段と勝手の違う振替なので必死です
よい関係が出来ているかどうか、わかるような気がします

最初、つまづきましたが、立ち直りも早い
飛ぶスピードも速っ

trans


スタート時、店長が「珍しい南米のハリスホークだぁ」と注釈を大声で(笑
このひと声で、まったりムードだった観客が一斉にカメラを向けてました

40~50代がへたっているのを尻目に10代は当然ながら元気いっぱいの走りです♪
来年、期待してますよ~

trans


出場者には時間制限が設けてあって、3分以内にゴールしなければならない
ところが、中には3分を超えてしまうのもちらほら

笑わせてくれた、この子もリタイア組

trans


こちら、一昨年のチャンピオン
出だしが響き、今年は3位に終わりましたが、後半は驚異的なスピードでした

trans

以上にUPした、これらのハリスホークは各々いつもお世話になっている方々の愛鳥です


終わってみて、写真撮るのは狩りの時より全然楽でした
が、筋肉痛になりました(汗
人の事を笑ってられません

trans

引続き、精進致しますm(__)m

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search