オオワシ

こちらも天然記念物

この前日チラっと見たけれど、肉眼でマジマジと見たのは初めて
大柄の白黒ツートンカラーに黄色い嘴は、体格そのものが大きいこともあって
なかなかカッコいい

本州ではもちろん、珍しい鳥の筈であるが
この地では、その辺にフツーにいる
フツー過ぎる位、その辺にいる

大きさが違うのでそうそう間違えることはないでしょうが、
状況によってはカラス並に目にすることになる

trans

丁度、置物のようである


氷の上にも点在
遠目で見た時にはカラスだか何だかわからなかった
実際、同居していて紛らわしい.......

trans


気合を入れてしっかり防寒対策をして行ったのに信じられない暖かさだった
天気も良かったので日中はフリースだけで十分であった
大体において雪がない

思わぬ影響もあって陽炎が・・・・・・

trans


飛んでいる姿は威厳があってかっこいい

trans


transサーチライトにも鎮座


この時、Scotlandからやってきたというご夫婦とお会いした

ツアーでは無く自分たちでレンタカーを借りて旅をされており

装備からもなかなかの筋金入りとお見受けした


気さくな方達であったが礼儀正しく、

我々日本人も学ばなければなるまい


100-400で、このサーチライトの上の子を何枚も撮っていた


話をすると偶然にもその後の行程が一緒であったが

その後の天候の悪化もあって再会することはなかった

満足して帰っただろうか.....



雪原をシカの群れが歩いていく
その群れを見下ろすように

trans

よくある下手な風景画そのものですな
ピンが.........才能の欠片もナシ(泣


trans
  この子達は相当人間慣れしているのか

  結構近くに寄っても逃げない


  勿論個体差はあると思います



  すぐ傍を大型のダンプが駆け抜けても平然



この鳥には海が似合いますね

trans


師匠が苦労して撮っていたのを聞いていたけれど、とても真似出来ないだろう
たまたま誘って戴いて、労せずして見てしまい、既にこれが当たり前になってしまっている(笑

trans

しかし、これはまだまだ序の口であることをこの時は想像だにしていなかった

今では見たくなったら、また旅に出ればいい、と開き直りです
戦闘機を見に行くのとさして変わらず(爆
何よりも食べ物が美味しい♪

続く

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search