ラッキーな出会い

カワセミでボロボロになった日の午後、性懲りも無く河川敷へ
(この時点では午前の写真を見ていない(笑
鳶以外は見かけず、やっぱり朝じゃないとダメかと撤収、
クルマを走らせているとカラスが目に入った....2羽である

transでも片方はカラスじゃないみたい

鳶にしては動きが機敏????

慌てて車を止めて外に出て見ると、
オオタカちゃん♪

この間、30秒以上
普通ならとっくに飛んでいっている筈

いつも目にする、追いかけられ、ではなく
カラスを軽くあしらっているようだ

しかし、位置が悪かった
まじ逆光というか太陽方向

おまけに帰る途中だったので機材は全て
片付けてある
あわててカメラを取り出すのだが
フードを付けている余裕ナシ(汗


クルマで移動するとその間に見失う恐れもあり、そろそろと歩きのみ
それでもファインダーに容赦なく太陽が..........真面目に目が眩みます
超が付く逆光ばかりなので絵としては全くダメ、ただのシルエットになってしまった

trans


何度目かの太陽直視でボーっとしていたら完全にロスト
あーあ、と素直に諦めきれない

キョロキョロしていると全く違う方向に何やら鎮座

trans

同じ個体かどうかはわからない

この木の上にカラスが数羽止まっていたこともあって、このコ、ま~ったく動かない
腕はブルブルなので三脚を引っ張り出すが相手は悠然としている
陽が傾いてきたなーと感じる頃、やっと飛び出した

trans

木の枝にピンを持っていかれた

こっち向いてたのに何で向こうに出るのよ(怒

trans


やっとピンがきて

trans


このままボサへ突入
鳥のお尻は絵になりませんね

trans

それにしてもノイズが汚い
ISO400なんですけど........30Dの方が全然マシ
この、低感度での暗部の汚さは7Dで一番嫌いなところ
ナントカならないもんでしょうか?

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search