FC2ブログ

ハゼ天国

先月のタオの備忘録の続き

Noordzee

珍しくも何ともないギンガハゼ



上陸前からあちらこちらで被害を出している台風19号
昨夜のうちに飛びそうものは全て物置に入れ、ママチャリは倒してある
今日の午後になって当地でも近くの川が増水しているとかで警戒レベル3が携帯に届きました
幸いにも我が家は少し高いところにあるため、道路の排水が追い付かず、
道路が川のようになることはあっても河川の氾濫の影響を受けることはまずありません
要は外に出なければ影響は無い
風も徐々に強くなってきて時折、突風が吹くようになった
これからですね



初日、有名なスポットであるセイルロックに行く
外洋といっても砂地、岩がポツンと突き出ている岩礁とは違い、垂直に落ちていてBottomは約-30m
昨年は悪天候で行けなかったところ
料金など確かめもしないで予約したが午前2本に朝+昼食付きでTHB3500、ちょっと高かった

朝6時前、乗船するころに遠くで稲妻が光る
前日のピーカンはどこへやら、今にも振り出しそうな曇り空ではないか

水中が暗いのは予想していたがエントリーしてみるとニゴニゴ
どうしようもない
小型のバラクーダが底で群れているが浮いて来ない

Noordzee



ホソヒラアジの大群がいるのだけれど、少し離れると真っ暗になるのでその巨大さをうまく表現出来ない

Noordzee

よって折角、Fish-eyeを付けたのですが少ししか撮らなかった
群れが大きいので晴れていれば面白いでしょうね


ここ、タオ島はハゼがやたらと多く、ハゼが好きでなくても撮ることになります
帰る頃には満腹
練習を兼ねて遊んで貰います

こちらもギンガハゼ

Noordzee

もう有難味もありません



ヒメダテハゼの正面

Noordzee

浮遊物が多く、透明度が良くない
ガイドも季節の移り変わりが例年より早いといっていた
先月また今回の台風といい、地球が壊れかかっているんですかね



ヒレフリサンカクハゼのペア

Noordzee

おちょぼ口がかわいい、透明で綺麗なサカナです



ネオンピグミーゴビー

Noordzee

チョロチョロとよく動くのでどうしても上からのアングルが多くなる
反省



サラサハゼの黒

Noordzee



ヒメクロイトハゼ、だと思う

Noordzee

身体を横縞がくるっと



マスクドシュリンプゴビーだと思っていたが帰国後、調べてみるとブチハゼ?

Noordzee

マスクドシュリンプゴビーは目の下の黒い斑点が無い
一方、石垣あたりのブチハゼはこんなにはっきりした模様ではないので悩んでしまう



こちらがマスクドシュリンプゴビー

Noordzee

どうして「マスク」なのだろう?



ギンガハゼのペア

Noordzee



どこにでもいるダテハゼ

Noordzee



ダテハゼに似ているものの背鰭の斑が小洒落たレッドマージンシュリンプゴビー

Noordzee

視力が悪くなったというか、老眼が進んだのか、細かいところがよく見えず区別がし難い



メタリックシュリンプゴビー

Noordzee

雨季(日本の冬)は人がいないので、ビーチエントリーでまったりマクロしようよとガイドさんが誘ってくれる
マクロは下手、いえ水中写真そのものが下手なのでいい練習にはなるでしょう
オイランハゼ見てないしなあ

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search