FC2ブログ

羅臼の海

今年も半年終わってしまった
しかし暑い
朝、散歩に出掛けたけれど余りの暑さにいつもの半分で切り上げる
歩くだけで汗が噴き出てツミどころの騒ぎではない
梅雨明けも早かったがまだ6月である


お目当てのシャチ

Noordzee


何頭かの群れだったけれどロシアの領海から出て来ない

Noordzee

子供らしき小さな背鰭も見れる



しばらく待っていたけれど近くには寄ってきてくれなかった

Noordzee

結局、証拠写真のみ



イルカ登場

Noordzee

イシイルカというらしい
多分、初めて見る種です
水面から、腹の白い部分が少し出ている
聞くとシャチと同じ白黒ツートンカラーだそう


ならばその白黒を撮りたいがこのイルカは飛ばないらしい

Noordzee

飛ばない分、泳ぐ速度は速く25kn位出るそうだ
背鰭が小さい


ガイドさんは写真は難しいのでMOVIEの方がお勧めですと仰る

Noordzee



船の近くまで来てくれたのでなんとか腹の白っぽい部分を
(そもそもイルカの各種とも、お腹は白っぽいのでイシイルカに限ったわけではありません)

Noordzee

これで終わりではなかった



2時間半のクルーズも終わりに近づき船は港へ戻ろうとしていたが、突然、他の船からの無線を受けて転進
おお、ザトウクジラ

Noordzee

これだけ見ても教えてもらわないと何クジラなのかわからない
羅臼と国後島の間の根室海峡は急激に深くなっているそうで深いところは1000mを超えるらしい
従ってここで見れる鯨は数種類もいるらしい


この海域でのザトウの出現は2年振りとのことでクルーの方が盛り上がっている

Noordzee



ブローを撮るのは難しい (↓は吹き終わったとこ)

Noordzee

24-105に付けていたPLフィルターを付け替えれば良かったと後で後悔



フルークダウンダイブで潜っていった

Noordzee

ここで港へと動き出す



国後島

Noordzee

Visibilityが少し残念



知床連峰には雪が残る

Noordzee

別の船に何度か離婚して有名?になった芸能人(芸能音痴の私でも知っている)が乗船していて、完全にプライベートの様子だったにも関わらず嫌な顔せず記念撮影に応じていらっしゃった
有名人は大変だなァと感心しながら、念願のうに丼(しかもシーズン)を求め・・・

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search