FC2ブログ

ドラレコ入れ替え

今のクルマに換えて3年半、納車時から前方のドラレコは付けていた
数ヶ月前、リアにドラレコを付けたのですが、その映像と比較すると大きな差があり買替を決めた
この類の進化は速いですねぇ
ところが、取付位置を変えたのが大きな理由だと思うのですが新しいのはダッシュボード周りの写り込みが甚だしい
あれこれ考え、ネットの情報を参考にCPLを付けてみた

Noordzee



買い替えたのはWQHD(1440p)対応のもの
この会社、元、TRIOはラヂオのメーカーで昔々チューナーやアンプの組立キットも販売していた
前のはHD仕様(1080p)、時折カードエラーを起こす外は特に不満もなかったが前述のように新設したリアのドラレコとの映像の品質の差があまりにも大きく、躊躇せずに買替(ただの新しいモノ好きともいう)

Noordzee



昨年暮れにいったん取り付けてみたものの、前述のように位置を変えたためか映り込みが気になる
検索すると偏光フィルムを貼るか、CPLを被せるのが映り込み対策の主流である様子
フィルムは貼ってしまうと融通が利かないのでCPLを被せる方を選択した
フレームが厚いとケラレるので薄枠を探すが日本製は高く、やむなく中華製を購入
取付はステップアップリングを付け、筐体との隙間にゴムを挟む方法で行うが、これが面倒臭い

Noordzee



前もって各々の寸法を調べておかなかったので二度手間、三度手間が多い
上の写真のゴムを含め、2つ程廃棄し、都度、異なるホームセンターへ物色に出掛け、3種類目を切ったり削ったりしながらやっと、なんとか押し込めた

Noordzee

カメラをやっていてステップアップリングなど使った事が無いので仕方がないけれど種類は実に沢山豊富にある
よく調べておけば違うサイズの選択も出来たはずで、もっと簡単だったんじゃないかと作業終了後に思ったりする

中華製であってもCPLの威力は大したもんで、写り込みがかなり軽減されました
レンズが大きくなったので車外からでもカメラ付いているとよくわかる

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search