Power Demo その2

33回目のJAL123の日、毎年いつぞはその山へ登ってみたいと思うのだが未だに実行出来ていない
当時、まだ飛行機というものに乗った事がなかったし見る機会も無く、違う世界のニュースだった
その日、何をしていたのか全く覚えていないが、夜遅くTVで搭乗者の名前がテロップで流れていたのを覚えている


空爆のデモが終わって今度は陸上のデモ
捕らわれた同志を救出するというシナリオ(だったと思う、アナウンスが英語ではないのでちょっと自信が無い)

爆撃で敵陣が静かになったところで、という設定でCH-47がジープをぶら下げて登場

Noordzee



何か様子が変だ

Noordzee

今気付いたんですがJETエンジンの前にあるキャノピーのようなのは何なのでしょう
キャノピーにしか見えない



フックが外れるの、遅過ぎですよねぇ

Noordzee



あ~あ 転倒

Noordzee

観客は拍手大喝采です

「お約束」だったのかどうか、はたまた、チヌークのフックを外す係はこの後、怒られたかどうか知りませんが、怒られたとしても、きっと、これがエンターテイメントだとかなんか言い訳したに違いない
軍隊で言い訳が通用するかどうか知りませんけど


立て直しはモチロン人力

Noordzee

この後、この水陸両用ジープは登場しなかった


気を取り直して
爆撃の後で、から

Noordzee


中略

拿捕された(?)人を救出

Noordzee

何で狙っているんだろ
やっぱし聞き間違えたのかもしれません

左下の色被りは近くにいたおっさんの禿げ頭
欧州は薄い方が多い



皆さん、別のチヌークへ撤収

Noordzee

うーん、やっぱり100-400は必要ですなぁ(独り言)

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search