CD

暑い日が続きます
皆さま、ご自愛下さいませ

先日、S'poreへ行った時、6時間を超えるFLTだというのにお気に入りの文庫本を忘れた
最近は気の利いた映画が少なく(航空会社が悪い訳ではない)
数年前から何十回と読み返している、何故かヒコーキの中で読むのが好きな故内田CAPの著書を忘れた
空港で忘れた事に気付いて本屋で探すも見当たらず代替としてJLの機内誌のコラムをまとめた浅田次郎氏のエッセイを探すがこれも無し



往路は映画2本とまだまだお元気な小林克也さんの懐メロBest Hit USAでしのいだものの復路が困った
大好きなMAPはOVER VIEWとHUDを交互に見ながら楽しめるがON TOPだとこれだけでは手持無沙汰である
AUDIOを探すとDeep PurpleのInfiniteというAlbumがある
何でDeep Purple?と訝しみながら聴いてみるとイントロだけでほとんどの曲が×、まともに最後まで聞いた曲は1曲もなかった
このアルバム、二度と聴かないだろう
Bruno Marsの3枚目も同様にペケ
StingやEaglesのBestなんて聞き飽きてる
趣向を変えてクラシック、Jazzと聴いてみても好みがない
落語までペケでテレサテンかなあと思っていたら明菜ちゃんのAlbumがあった

その昔々デビューしたての頃にレコードを友人に借りて聴いたことはあったが自分で買うことはなかった
少し経った位から歌は上手いと思っていたが、改めてYouTube等を見直してみると若い頃はすごい声量です
その後の不幸な経緯は残念でならない
もっと大きくなっていたのではと思う


機内のListにあったのは歌姫ダブル・ディケイドというベストのSelf-Coverで今から15年程前のものだった
今はもうオバサンになっているだろうな
1/3は知らない曲で、知っている曲もちょっと曲調が違う位かなと流して聴いていたところ最後の曲が見事にボサにアレンジされており、一発でハマってしまった
好みを言えばピアノがちょっと邪魔
しかし、結局、HNDに着陸するまで数回リピートすることになる

このアルバム、真面目に聴いてみると色々なアレンジがあってボサは最高、タンゴもサルサもなかなか、
しかしスカが「超」が幾つか付く程、最低

好きな曲の一つにシャカシャカシャカシャカと無粋なギターのカッティング、兎に角、このギター最悪
歌声と喧嘩するホーンセクション
元気いっぱいのタイコ、ただでさえ五月蠅いスネアとハイハイットにパーカスが加わる
気になって帰宅後に調べてみたら編曲に東京スカパラの北原雅彦氏が入ってました
氏やディレクターには申し訳ないのですが自分にとってはありえないほど最低のアレンジです
自分達はバックではなく主役だと思っているかのようなアレンジが気にくわない
最初、聴いた時は買う気満々だったのですがこのスカが原因で思い止まる


Noordzeeそれでも彼女の声を何十年振りに聴きたくて
普通のBest版を購入
Best 版といっても知らない曲が大半で、嬉し
かったのは高中正義氏が他の人に作った曲の
中で一番売れたらしい懐かしい曲が入っていた

これはこれでよかったのですがその後も
飛行機の中で聴いたデビュー曲のボサ版が
頭の中で繰り返しリピートしている

ボサ版はデビュー時の下手な甘ったるい声から
円熟した陰のあるような歌声がなんともいい

結局、この曲を含む3曲の為にこのCDを購入
CDという媒体が発売されてから約35年、
初めて日本人のCDを、しかも続けて2枚も
買ってしまった

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search