CEB

Noordzeeこのところ、全くと言っていいほど疲れが取れない
平日は帰宅して速攻寝るだけ
しかし翌朝はダルい

週末にも異変が起きて、以前は昼寝なんか
しなかったのに最近はよく昼寝するようになった
これではタダのゴミ親父だ


休みも取りづらくなった
先日、そんな中を無理やり抜け出した


気温30℃、Tシャツに短パンは実に快適だ

1ペソあたり3円弱、最初は安いと思ったが、これは一個の値段であってよく考えるとたいして安くもない

Noordzee



Noordzee  道中、道路工事が多く思ったより時間が掛る
  当初、3時間の予定だったのが4時間を優に
  超えた

  ここには信号というものがほとんど存在せず、
  道行くもの全てが、あうんの呼吸である


  こんな田舎ではなく街中でも信号は滅多にない

  横断報道もほとんどないので、この写真のような
  田舎道は別として、街中の片道3車線位の道路を
  横断する時はなかなかの勇気と度胸が必要




陸路4時間+α、はしけの小舟でひと悶着し、カタマランは向かい風で一向に進まず、
ホテルを出てから5時間以上も掛ってやっと目的地へ辿り着く

Noordzee



生憎の天気の夕暮れ時

Noordzee



Noordzee世話になったショップの子ネコ

よっぽど喉が渇いていたのだろう
グラスの中に頭をズボっと入れて贅沢にも
ミネラルウォーターを召し上がる

頭の大きさとグラスの大きさが絶妙で大ウケし
何枚か写真を撮るけど、うまくネコの顔にピンが
来ない

結局、舌を出している所は取り逃がしてしまった




走るニワトリ

Noordzee

ピンボケです


魚屋が結構多い

Noordzee



街に戻ってスーパーで見掛けたポスター

Noordzee

なかなか考えたもんだと一人感心


こういう場所が残っていた

Noordzee

街中で多くのストリートチルドレンを見た
4、5歳位の子供が道端で寝ていたりする
住む場所がある人はまだいいのかもしれない


見ていて飽きがこない渋滞

Noordzee

もう少しゆっくりしたかったのだがそうもいかず
帰国して多分、気温差でしょう、体調は余計におかしくなった

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search