SLALOM

懲りずにツインリンクにまた来てしまいました
今日の目標はパイロンを引っ掛けない、です

Noordzee

到着すると何故か白バイinsight

Noordzee

尋ねると女性ライダー向けの講習の講師らしい
女性の隊員の方は愛想もよくとても可愛い方なのに大型バイクをブン回すのには驚いた
男でもここまで出来る人は多くないでしょう


さて、上記のライダーの講習の為、クルマは朝からマルチコース

Noordzee

午前中は直線スラローム
スキーと同じようにリズムを掴めばそれほど難しくはありません
最初はパイロンの間隔15m、次は9m
大きく重いクルマなので初め9mはビビりましたが杞憂に終わります


Noordzee  今回、大きな障害となったのが「送りハンドル」
  このスタイルでウン十年間と運転していますから、
  一朝一夕で改めよと言われても無理

  なんとなくポイントが判ってきて、もう少しやりたかった
  のですが、お昼時間となり、サーキット内のホテルへ
  移動して昼食

  ホテルでの食事といっても大した事はなく、幕の内弁当の
  方が良かったかも
  お吸物だけ(失礼)がツボにはまり真面目に旨かった

  午後はジムカーナのようなトライアルが続きます
  インストラクターの車に載せてもらったり、自分のクルマの
  助手席に座って貰ってアドバイスを貰ったり

  運転操作についての講評もあって、自分の場合は
  操作が遅いとか抑え方が変だとか指摘を受ける
  他にも自覚のある悪いクセが幾つか挙げられており、
  
  健康診断で、ココがダメ、これは幾らまで、のように
  自分の見たくない点が暴露されていく感じです


  今後、日常の運転の中で可能なところは注意して
  操作、また直していくように心掛けたいと思います


なお、午後の部では汗だくになりました
運転だけですがそれなりにパワー使うもんです


一番大きな負担はタイヤ

Noordzee

劣化部分は別として溶けてボロボロ

コメントの投稿 / Post a Comment

Private

Recent Comments
Link
Search