Yak-52

何度か見たことのある、この機体
ここへも飛んできたらしい
よく整備されていると思う

Noordzee

それに引きかえ日本は、と、言いたい事は山ほどあるけれどやめておく

零戦

PNGで見つかった機体に補修を施した零戦が日本の空を飛ぶらしい
少し前、羽田へのモノレールの各駅に零戦を飛ばそうのポスターを目にした人も多いと思う
暫く情報が無く危ぶんでいたところ、その零戦 - 22型 - がやっと飛ぶそうだが、なんと鹿屋
しかもパイロットは米国人
まあ仕方無いかもしれません

Noordzee

遠いし平日だし、見に行きたいですが行けません
そのうち関東にも飛来するのを期待します

写真はフランスの博物館が所有するノースアメリカンT-6をベースにした21型(A6M2)のレプリカ

Breitling Jet Team AGAIN at FKS (5)

なんと9月になってしまいました
夏が逆戻りした感じで朝から蒸し暑い
運動にと散歩に出掛けたけれどボウズ、タダの散歩となりましたが結構汗かきました


ネタが無いのでBJTの没写真からAnti-Collision Light(アンコリ)付きを

Noordzee

アンコリって最近は戦闘機もStrobo Lightですね

Continue Reading

Breitling Jet Team AGAIN at FKS (4)

今日は人間ドック(半日)だったので正午前になってカメラ担いで散歩
家から5分も経たないうちに汗が流れ出るのを感じる
こんな時間に何もいないだろうなと思いつつ出掛けたら案の定カラスとスズメ、ハトとカモしかいない
背負うカメラがズッシリと重く、肩にショルダーが食い込む
時折季節を感じさせるような心地よい風が吹くけれど、やっぱり暑い
立ち止まったとたんに汗がボタボタと流れ落ちる
まるで天然のサウナのようだ


そんな訳でボウズ、upし損ねていたBJTの続き
Destination KOBE

やたら7番機が多いんですがたまたまです
後席さんのお手振り

trans

この7番機はフレアを飛ばしてないみたいですね
ちなみにRegistration numberの"ES"はスペインではなくエストニア、きっと固定資産税が安いのでしょう

Continue Reading

Breitling Jet Team AGAIN at FKS (3)

昨日は40℃を超えた地域も多かったそうですが当地も38℃でした
今朝も朝でもエアコンを入れないと汗ばむ感じだったので今日は一体どうなるんでしょと思っていたら
午後からすげー雷雨


離陸して約1時間後、Fly-Byとショーを終えたBJTが帰ってきた

trans

陽はほぼ頭上でしたが視程はいまいち

Continue Reading

Breitling Jet Team AGAIN at FKS (2)

朝からエアコンフル稼働
こんなに暑いのに渋滞に巻き込まれているクルマは大変だろう

BJTの現像でまたもやPCの動作が鈍い上に、今回新しい症状が出てイライラ倍増
書き出しに失敗すると自動的に、ですよ、写真の上下が反転!?
これ絶対バグだわ

1枚書き出してソフトをシャットダウン、そして立ち上げての繰り返し
これは結構なストレスになるだけではなく、面倒臭くて現像そのものが面白くなくなる
同じRawでも容量が小さいファイルは問題無いけれど18Mだと今のPCの能力には大き過ぎるらしい
やはりPC考えないとダメなようです


午前の離陸から

trans

Continue Reading

Breitling Jet Team AGAIN at FKS

いろいろとあるのですが、PCが遅くて読み込みが終わらない(日本語になってない)
とりあえず今日の1枚

Merci Beaucoup

trans

Breitling Jet Team 2013 その4

朝は素晴らしいというしかない位の好天だったのにFLTの時間が近付くにつれ下り坂
EX300Sの時間の頃はSea Fogに囲まれた状態、レーダーに写らないナマ雲なのになかなか消えない
雲の上で音はするけれど何も見えず
L-39Cは飛んで来ず、アナウンスで夕方まで様子見とのこと

午後になっていくらかCeilingが高くなったかなと思ったところでEX300S再登場

近っ

trans

300mmもいらない位

Continue Reading

Breitling Jet Team 2013 その3

横浜CXLとのことで当初予定に無かった福島空港へDivert

欧州の近距離では見ることの少ないサポート機、Fairchild SA-227AC Metro III
この機体自体、日本では珍しい方だと思う

trans

Continue Reading

Breitling Jet Team 2013 その2

朝靄の中、2回目のApproach

trans

この時、これがFlyingの最後の絵となるとは思わなかった

Continue Reading

Breitling Jet Team 2013

何回目かのBJT、まさか日本で見れるとは思わなかった
一新された塗装が目新しい

Pさん達と握手を交わした際、仏語がまともに話せず凹

trans

奥の黄色いのは明日のSP用
明日はどうでしょう?晴れるといいなあ

BREITLING JET TEAM

昨日、今日と冬に戻ったような冷たい雨で出掛ける気すら起こらない
夕方になってやっと陽が出てきた
先日からの腰痛は横になっていると幾分楽だがPCに向かうともういけない(自宅はあぐら)

ネタが無いので来月、初来日するBREITLING JET TEAMの古い絵を探してみた
約5年程前に2回見ていますが両日共に雨、ぐっしょりだった記憶がある

「没」の中から何とか見れそうなものを数枚

trans

Continue Reading

Royal Jordanian Falcons

久し振りなレシプロ機

前に見た時は4機か5機だったような気がするけれど今回は3機でのFLT

trans

Pさんは空軍の方たちらしいですがAviationで区分け

Continue Reading

GNAT DUO

最初見た時は、おフランスのPatrouille de Franceが使っているのと同じ、
ダッソーのAlpha Jetやん、と思ってしまった位、よく似ている
高翼、後退翼の形やインテークの形状、遠目(特に私は目が悪い)に見た時は完全に間違えた
Alpha Jetは2発なのでお尻を見て気が付くというお粗末

Folland GNAT、小型戦闘機として開発されたものの、本国UKでは戦闘機としては採用されず、
もっぱら練習機であった他、BAe Hawkが登場する前の、Red Allowsに使用されていたらしい

古い機体である
写真を見ると胴体のあちこちに改修の痕がうかがえる
86セイバーより若干新しい程度
後に諸元を見て驚いたのが小さい!全幅はHawkやT-4と比べ約2/3しかない
この大きさで遷音速機、さすが戦闘機用

trans

Continue Reading

時計屋さん 2

暑い、、、暑いです(>_<)
本当に9月?と疑いたくなるような暑さ
コレ「残暑」ではないですよねぇ(--〆)
敢えて、8月35日だよっ と言いたいくらい(笑
一週間ほど前だと夕方、鈴虫の音が秋を思わせたりもしましたがこの2、3日はその音も聞こえない

このところ夕方のオシメリも無く本当に真夏が続いている感じです
そのせいか麦酒の消費が増え、昨夜も少々飲みすぎてしまい今朝は久振りに残った(=_=)
先週から体調も芳しくなかったので午前中は...zzz

trans
以前にもUPしたBREITLING
別のAirshowでのもの

このshowは民間主催で有料であった
(といってもdisplayはほとんど軍用機)

料金を徴収される代わり
「撮影用」スタンドが設けてあるなど
なかなかサービスがよい

しかし天候が悪く降ったり止んだり
時折、陽が差すもすぐに雨がパラつく

Continue Reading

時計屋さん

説明を要しないと思われるが、一応(笑
民間では唯一(多分)のジェット機によるアクロチーム BREITLING JET TEAM
BREITLINGは空軍仕様や、クロノグラフの高級腕時計を得意とする、腕時計としては老舗に入るであろうブランド
機体は当時のチェコスロバキア(現チェコ)製L-39C Albatros

trans 改修は施されているのであろうが
 結構古い機体を使っている


 隣国での基地開放日(Open Day)でのこと


 時計屋そのものはスイスであるが、
 このチームはおフランスの登録

 なので当日「おフランス」からやってきた


 朝はいい天気だったなあ・・・・

trans
 彼等のFLTの時間

 でも......@@;


 雨なのよね (>_<)


 ところが、どこぞの国のチームとは違い

 シーリングが低かろうが
 雨が降っていようが飛んじゃいます(爆

 (もちろんCXLになる場合もあるとのこと)

trans
 何でもパイロットは皆さん仏空軍の
 パトレイユ・ド・フランスの出身者だそう

 青に黄色のシンプルな塗装ですが
 存在感はあります

 面白いのはBGMがずーっとかかりっぱなし

 FLTだけでなく音楽と同期させての演技

 演技に空白の時間が少なくて
 見るものを 飽きさせないのはいいですね~

trans
 翼端は固定式の増槽だそうで
 先端にLanding Light付き

 演技中はこれがずっとONなので
 編隊で入ってくるとそれなりに綺麗♪


 一方で、雨足は強くなるばかり
 写真撮る方も大変である


 雨で霞んでしまった(汗

 これで晴れてて&バックが濃い目の
 青空だったらいいだろうなー

trans 雨も激しくなってくると流石に過激なことはしない

 アクロはCXL

 フォーメーションでのFly-byのみ
 天候ばかりは仕方なかろう
 15分程度のFLTであった

 飛んでくれただけでも感謝


 このまま着陸せずにおフランスへご帰還


 初めてのBREITLINGは
 見る方もびしょ濡れであった(T_T)
Recent Comments
Link
Search